« インストア・プロモーション | トップページ | ご用聞き »

2007年4月22日 (日)

ギネスに挑戦(川俣町の世界最長の焼き鳥が日高川町に・・ほか)

福島県川俣町は、川俣シャモも産地で、世界最長の焼き鳥に挑戦し、かつて世界一(ギネスもの)になっていた。

しかし、その後、山口県長門市の13・28メートルに記録を抜かれ。

今日(4月22日)には、その長門市も和歌山県日高川町(備長炭の生産量が日本一で焼き鳥にちなむ)に記録を塗り替えられたようである。

新記録は16・46メートル。

調べると、日高川町は2006年8月に11・7メートルで世界一となり、その後、先述の福島県川俣町、その後に山口県長門市が相次いで記録を塗り替えた。

私は、川俣町に関わりがあるので、ぜひともまた返り咲いてほしいと思う。

ギネスものといえば、

このほかにも、石川県能都町の世界一の縄文土器づくりや熊本県中央町の日本一長い石段づくりなど、各地で世界一や日本一に挑戦することが繰り返し行われている。

話題性があり、ニュースになるので、地域から情報発信ができるし、たわいがないが、やっていて楽しいし、目標がはっきりしているために皆で一致団結しやすいのである。

ところで、世界一や日本一には3つの種類があるのをご存じだろうか。

それは、

世界初や日本初(ファーストワン)

世界一や日本一(ナンバーワン)

世界唯一や日本唯一(オンリーワン)

である。

ナンバーワンが難しければ、オンリーワンやファーストワンを目指すのもいい。

特にファーストワンは永遠に世界初であり、ナンバーワンのようにすぐに記録を塗り替えることはない。

|

« インストア・プロモーション | トップページ | ご用聞き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393802/6154613

この記事へのトラックバック一覧です: ギネスに挑戦(川俣町の世界最長の焼き鳥が日高川町に・・ほか):

« インストア・プロモーション | トップページ | ご用聞き »