« 中心市街地活性化事例(ことの始まり宮城県石巻市10) | トップページ | 中心市街地活性化協議会(平成18年8月、9月) »

2007年5月10日 (木)

中心市街地活性化事例(ことの始まり宮城県石巻市12)

墨汁一滴及び国際協力ショップしえろあすーる

石巻では市民のまちづくり活動が活発であり、現在はこれらの自主的な活動が中心市街地活性化に大きな役割を果たしている。

例えば、広げる会の活動拠点である喫茶店兼マンガグッズ販売の「墨汁一滴」は、現在のところ人件費を抑える必要から週末だけの営業となっているが、マンガを活かした街づくりの情報発信基地の機能を担っている。

また、「国際協力ショップしえろあすーる」は発展途上国などの商品を扱う国際協力ショップでありNGOの活動拠点ともなっていた。

まさにNPO的な発想が広がりを見せはじめており、多くの人々を呼び集めて温かいもてなしの心で交流するロマン溢れるまちづくりの原点という感じであった。

|

« 中心市街地活性化事例(ことの始まり宮城県石巻市10) | トップページ | 中心市街地活性化協議会(平成18年8月、9月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393802/6326008

この記事へのトラックバック一覧です: 中心市街地活性化事例(ことの始まり宮城県石巻市12):

« 中心市街地活性化事例(ことの始まり宮城県石巻市10) | トップページ | 中心市街地活性化協議会(平成18年8月、9月) »