« 中心市街地活性化基本計画認定状況((11月30日) | トップページ | 2009年6月28日(日)、早稲田大学まちづくりシンポジウム2009 「まちづくり市民事業が拓く世界」 »

2008年8月 8日 (金)

中心市街地活性化。基本計画策定688→54。TMO構想認定412→協議会設立111。この減った数字の意味するものは?

中心市街地活性化基本計画は平成20年7月9日に21市町村(22地区)が認定され、54となった。(平成20年7月9日現在)

内閣府中心市街地活性化担当室による。)

また、中心市街地活性化協議会支援センターによると、

平成20年8月4日までに設立された協議会数は111。

(詳細は、支援センターのこちらのページに掲載されている。)

この数字は、法改正後、約2年が経過した数だ。

一方、法改正(まちづくり三法の見直し)前。

中心市街地活性化基本計画は688策定され、TMO構想(中小小売商業高度化事業構想)は412認定された。(平成18年6月30日時点の資料による)

市町村合併もあるので、この数字を単純に比較できないが、旧法で中心市街地と捉えられた地区は、一定の集積がある中心市街地。

(以前も現在も、「ワンセットで都市機能が集約できる」のが中心市街地とされている。)

だとすると、この減った数字の意味するものは一体何か?

それは、改正前の中心市街地が、その後、どうなっているのかということに繋がっている。

今回の法改正は、はっきりと選択と集中を謳っている。

だから、その結果、選ばれた地域と抜け落ちた地域ができた。

まだまだ途上の段階だが、もしも、選ばれた地域がちゃんと成果をあげなければ、成果を上げていたのに法改正で動けなくなった旧TMOとそれらの地域は、その結果をどう捉えたらいいのだろう?

まちづくりは、結果がみえるには相当の時間がかかるもの。

まだ、当分は結果は見えてこない。

いずれにしても、時代は変わった。

選択された地域が成果をだし、選択しなった(選択されなかったのではない、選択しなかったか、選択できない状況になった)地域も、他の施策メニューで頑張るか、いやそうばかりも言っていられないだろう。

自らその方法を考えて、地域を活性化していかなければ生き残れない。

Dsc03725

写真は、北海道夕張市の夕張駅で撮影した「幸せの黄色いハンカチ」。

黄色は希望の色。

一番大切なものは自分の中にある。

|

« 中心市街地活性化基本計画認定状況((11月30日) | トップページ | 2009年6月28日(日)、早稲田大学まちづくりシンポジウム2009 「まちづくり市民事業が拓く世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393802/22679918

この記事へのトラックバック一覧です: 中心市街地活性化。基本計画策定688→54。TMO構想認定412→協議会設立111。この減った数字の意味するものは?:

« 中心市街地活性化基本計画認定状況((11月30日) | トップページ | 2009年6月28日(日)、早稲田大学まちづくりシンポジウム2009 「まちづくり市民事業が拓く世界」 »